とり家の母です。

遠出大好きなわしと、子供と、家族のメモブログです。

中休み。

今日は、きのう叔母の家を訪問した担当さんが、北区に実際に代理申請に行ってくれている日。

早くても、翌日以降にしか役所からは電話が来ないという話だったので、

今日は特に動きはナシ。

 

出来ることといえば、こちらの家探しかなぁ。

それも、ひとまず不動産屋さんの連絡待ちなので、ちょっと休憩。

 

娘氏が、小学校の課外活動の日なので、朝からお弁当。

晴れてよかったね!

④名古屋の包括センターの担当の人が決まる

最初にコンタクトを取った翌日、名古屋の担当の方が決まり、実際に叔母の家に電話をし、訪問したと、お昼ごろに電話がありました。

家の中では常に何かした探していて、ウロウロしていたとのことです。

介護認定の件の話しになり、どんな感じか聞いてみると、「他人に迷惑(手間)をかけるほど、認定度があがる」とのことで、現状、誰にも迷惑をかける状態ではないので、というところからはじまり、まぁそりゃそうで、一人暮らしでじっとしてれば誰にも会わないですし^^;。なので、共同生活をはじめたら、どの程度手がかかるのかというのを、次回、北区の認定担当さんが来たときに調査するという話でした。

 

そして、結構驚いたのが、本人、薬でずっと飲んでいるものは何もないって話だったのですが、包括センターの人が診察券を預かり、実際に病院に電話をして、白内障の手術以外の病歴はないのかを確かめると、あるわるわで、本来ならば、毎日飲まなくてはいけない血圧やら糖尿の薬がたくさんあったそうな。

わがや、誰も知りませんでしたw

 

というわけで、認定調査の日の午後、病院に同伴し、

引っ越し後の入居に必要な、健康診断書と、既往歴書類を、包括センターの担当の人と一緒について確認しにくことになりました。

 

素人だと、本人がナイっていうんだから、、、ってだけでおしまいにしてしまうところを、ちゃんと確認作業をするんだなぁスゲー。って改めて思いました。

さすが手馴れてる。

 

やっぱね、プロはすごいわ。

 

そして、担当の人が、叔母の家に毎日電話を入れて様子を確認することになりました。

ものすごい安心。

 

担当の人が言うには、

「叔母さんはものすごく感謝していて、まだ感情とか意識がハッキリしているので、ご親族様もやりがいがあって幸せですね。」

っていうんですよ!!!!!!

 

そうかーーー。。。。。。

余計な事されてるとか、なんだかもうわからなくなってしまって、いやああああ!!!!!ってなっちゃう人もたくさんいるんだなぁ。。。って改めて感じました。

ほんとに早く気づいてよかったよ。

よかったなぁ。それしかきのうは感想が出てきませんでした。

③業者さんに電話

きのうまでの話しを元に、ホームを扱う業者さんに電話。

 

包括支援センターの担当さんから紹介された人と直接話が出来て、

すでに聞いていたようで、ものすごく話しが早かった。

 

私が、インターネットで見た●●みたいな物件なのがいいなぁーと

金額や距離などの優先順位と希望を伝えると、

早速、サ高住のネットにのっていない物件をピックアップします。とのこと。

 

楽しみ。

 

あと、転居してから、様子を見て介護付の物件にしたりとかグループホームへの移動の件とかも相談にのってくれて、すごい親切。

総合的にこの業界の人、ここまで感じ悪い人ナシ。すごい。

②うちの近くの包括支援センター

今度は、住むための情報を得ようと思って、

家の近くの包括センターに電話をしたら、パンフレットがたくさんあるよと言われたので、直接取りに行ってきた。

 

わたしは、ホームは行政が紹介もしくは適宜いわれたところに入るのかと思っていたのだけど、

老人ホームって全部自分で探すのね!!!

知らなかった。。。

 

という訳で、まずはセンターの人に、どんな種類があるのか聞きました。

現状の叔母は、痴呆がすすんできてる感じだけど、トイレもお風呂も洗濯も自分でできて、困るのは食事の用意だけ。

というのをポイントに、

グループホーム

・サービス付き高齢者住宅

の2つがいいのではないかと聞いた。

 

グループホームは住民票が何か月かないとダメだということなので、

まずは、サ高住で様子を見て、

①必要に応じて介護が必要なら介護度が上がる施設で。

②気に入ればそのまま。

③金額が気になったらグループホームへ。

という流れでやっていくのがいいのではないかとアドバイスされた。

 

そして、ホームを仲介?してくれる業者さんをいくつか紹介してもらい、その中でも特に地元密着型のお店に電話してみることにしました。

 

①まずは、地域包括センター

今日から介護ありの住居に関しての情報をひたすら集める。

 

まずは最初に、要介護の認定を受けるべく、

名古屋に住んでいる叔母の地域の【地域包括センター】をネットでさがす。

【北区東部いきいき支援センター】というところが該当らしいので、早速朝イチで電話をした。

 

【埼玉県に住んでいます、初めてお電話いたします、とり家の母ですお世話になります。北区の●●に一人暮らしをしております叔母の件で相談させてください。】

 

こんな感じで話し始めると、トントントンと話が進み、とても丁寧に聞き取りをしてくれました。

 

まずは、なにはともあれ要介護認定を申請しましょう、ということで、

代理申請ができるとのことで、明日、早速叔母の自宅に訪問してくれるとのことでした。

その際に、

①保険証(介護保険証?)

②かかりつけ医の診察券

お薬手帳

の3点を用意しておいてください。とのことでした。

 

3点を預かって、翌日(水曜日)に北区に申請をする、とのことです。

その後、その翌日(木曜)か翌々日(金曜)に、私に電話が来るので、認定確認の立ち合いのできる日を翌週以降で決めましょう。という流れらしいです。

そして、申請をした時点で、おおよその介護度を判断して、認定がおりる30日間を待たず、その日から暫定でサービスを受けることができる。とのことでした。

もし、食事など、すぐに対応しなくてはいけないようだったら、包括支援センターの人の判断で、食事サービスの開始を判断します。と言ってくれて、すごく助かりました。

 

なんともプロというか、そういうシステムが整っているのがすごくわかり、

こんなにもスムーズに話がいくものなのだなぁと驚きました。

もっとめんどくさいものだと思っていたのです。

 

何よりも、孤独死で餓死の危機が間違いなく去ったことは安心しました。

 

要介護認定の流れが整ったところで、叔母に電話をし、明日、支援センターの人が、要介護認定の話をしに来るから保険証を用意しておいてね。と、伝える。

残念ながら、明日の朝その話を覚えているかどうかはあやしい^^;;

なので、包括支援センターの人にも、そのように伝えてある。

幸いなことに、引っ越しをして関東の我が家の近いところに移動したいと願っているのは叔母の本心なので、自分に都合のいいことは、もし忘れていても担当さんを受け入れてくれるだろうと信じている。

 

あした、どうなるかなぁ。

おおよその介護度を判断してもらったら、本格的な家さがしに入ろうと思う。

予想では、要介護2くらいかなぁ。。。

でも、いがいと認知症の具合が進行しているっぽいなと感じたので、どうだろうなぁ。。

 

そしてこのあと、埼玉の家の近くの包括支援センターに、家さがしの件で電話&訪問したので、その記事はまた次の記事で。

 

uturn321.hateblo.jp

 

 

 

 

介護?

母と同居しています。

母の、姉が一人暮らしで名古屋にいます。

 

母が、週末に新幹線で名古屋に行き、墓参りついでに様子を見てきました。

 

もーーーう、衝撃をうけるほど、ボケていたそうです。。。

たとえば、お茶だと言って出されたものが、アオサだったー!!!!!とか。

 

家事も、料理はもうダメなようで、近所のコンビニ暮らしだとか。

健康に問題はないけど、完全に痴呆がきてる。

これはあかんね、、、

 

というわけで、これからメモも兼ねて、

埼玉に呼ぶまでの変遷を綴ろうかなとおもいます。

虫の名は。

娘ちゃんが学校で、枝に実のなる野菜を育てているので、うちでもついでに枝豆を育てています。

 

ある日、虫がついているのを見つけたのですが、数も多くなく、しばらくほっといていました。

f:id:uturn321:20180627090226j:image

⤴︎これです。

 

ところが、

2株あるうちの1株が、何だか、黄色くなってきてしまい、元気がない。。。

 

虫がなんなのか調べてみると、

クサギカメムシ』らしい。ということがわかりました。

 

葉も食べないし、見た目的にはなんの害もないんだけど。針の様な口?でチューチューおいしいエキスを吸い取る!っていろんなHPに書いてあり、これは滅っせねば、、、!!と、

ようやく思いました。

※ちなみに、ほっといても害はないって書いてあるサイトもありました。でも、収穫時に味が落ちるならいやですよね。。。

 

動きが鈍いので、セロハンテープでくっつけると(カメムシなので)臭くなくてよい。って書いてあったので、早速実施。

 

、、、と思ってプランターを見ると、居ない。

危険を察知!!

きのう、地面にポイっ!ってしてから戻ってないのか、今日は見当たらない。

 

このまま戻ってこ来ないでください。

( •̥́ ˍ •̀ू )

#枝豆

#虫